報告書の登録(活動登録)

管理者が用意した報告書書式を利用して、新規の報告書を登録できます。

※ 営業支援機能は、オプションサービスです。
ただし、管理者の方は、お申し込みの有無にかかわらず、営業支援機能をご利用になれます。
業務の流れ
報告書画面の画面説明
報告書画面では、ユーザー本人の報告書の登録・変更、日報送信が行えます。
報告書画面では、コメントの確認・入力は行えません。コメントは、活動一覧画面で確認・入力してください。

※ 活動一覧画面の表示方法→「報告書を閲覧する」

@
通常、報告書画面の上部には、カレンダーが表示されています。「カレンダーを非表示にする」をクリックすると、カレンダーを非表示にできます。元の表示に戻すには、「カレンダーを表示する」をクリックします。
A
表示するスケジュールの年月日を、前日・翌日へ移動できます。
B
登録済みの報告書が表示されます。報告書を変更する場合は、該当の報告書の時間帯をクリックします。詳しくは、「報告書を変更する」をご覧ください。
C
日報を送信できます。詳しくは、「日報を送信する」をご覧ください。
D
報告書の内容を入力して、登録できます。詳しくは、「報告書を登録する」をご覧ください。
■ 画面表示について
※ 日報未送信の報告書は、時間帯の左側にアイコン( )が 表示されます。
※ 日報送信済みの報告書は、時間帯の左側にアイコン( ) が表示されます。
報告書を登録する
1
営業支援画面を表示し、「活動登録」下の登 録する報告書をクリックします。
※ 営業支援画面の表示方法→「ポータル画面の画面説明」
※ 管理者の設定によって、機能が制限される場合がありま す。詳しくは、「その他の利用制限」をご覧ください。
報告書画面が表示されます。
最初に表示される画面
営業支援機能を選択した際、任意の画面が表示され るよう設定することができます。

※ 設定方法→「最初に開く画面の設定を変更する」

2
必要事項を入力し、「登録」ボタンをクリッ クします。
※ 報告書の項目は、管理者が任意に設定します。システムが あらかじめ用意した項目の入力内容は、次の通りです。
活動日
活動日を選択します。カレンダーアイコンをクリックして年月日を指定することもできます。詳しくは、「カレンダーアイコンで年月日を指定する」をご覧ください。
案件
「案件を選択する」ボタンをクリックして案件を選択します。「クリア」ボタンをクリックすると、案件の選択を取り消せます。
案件の指定については、「案件を選択する」をご覧ください。
顧客
「顧客を選択する」ボタンをクリックして顧客を選択します。「クリア」ボタンをクリックすると、顧客の選択を取り消せます。
顧客の指定については、「顧客を選択する」をご覧ください。
同行者
同行者を入力します。「同行者に担当を追加」ボタンをクリックしてユーザー一覧から同行者を選択することもできます。
同行者の指定については、「同行者に担当を追加する」をご覧ください。
添付ファイル
「ファイルを選択する」ボタンをクリックして添付するファイルを選択します。
ファイルの指定については、「ファイルの選択方法」をご覧ください。
※ 入力必須項目には「*」のマークが項目の右側に表示され ます。入力必須項目に内容が入力されていないと、登録で きません。
登録できない
管理者が報告書の登録・変更・削除期限を設定して いる場合、設定期限よりも過去の日付を指定して登 録することはできません。
正常に登録されると、次手順のような画面が表示され ます。
3
「OK」ボタンをクリックします。
報告書が登録されます。
4
さらに登録する場合は、1〜3の手順を繰り 返します。
■ カレンダーアイコンで年月日を指定する
営業支援画面すべてに共通の操作です。
ここでは、報告書画面で選択する場合を例に説明します。

カレンダーアイコンをクリックすると、カレンダー画面が表示されます。

カレンダー画面で特定の年月日をクリックすると、その年月日が指定されます。

■ 案件を選択する
営業支援画面すべてに共通の操作です。
ここでは、報告書画面で選択する場合を例に説明します。
1
報告書画面で、「案件を選択する」ボタンを クリックします。
活動者が担当する案件の案件一覧画面が表示されま す。
案件が登録されていない場合、案件登録画面が表示 されます。案件登録後は、報告書画面に戻ります。 案件には、登録した案件名と顧客名が表示されます。

※ 案件の登録→「案件を登録する」

2
内容を確認する案件名をクリックします。
前のページを表示します。
次のページを表示します。
数字
該当のページを表示します。
新規登録
「新規登録」ボタンをクリックすると、案件登録画面で案件を登録することができます。

※ 案件の登録→「案件を登録する」

案件参照画面が表示されます。
この画面で案件を選択することもできます。案件名 の左側のラジオボタンをクリックして選択し、「選 択」ボタンをクリックしてください。選択後は、報 告書画面に戻ります。案件には、選択した案件名と 顧客名が表示されます。
一覧を並び替えるには
更新日時順(降順)に表示された一覧を、他の表 示項目をクリックして並び替えることができま す。
案件名、顧客名、事業所名、案件管理グループ、主担当、確度
昇順に並び替えます。
案件状況
案件状況の種類順に並び替えます。
もう一度クリックすると、逆順になります。
3
「選択」ボタンをクリックします。
変更
案件を変更できます。

※ 案件の変更→「案件を変更する」

確認画面が表示されます。
※ 案件に顧客が登録されていない場合、報告書画面に戻りま す。案件には、選択した案件名が表示されます。
4
「OK」ボタンをクリックします。
報告書画面に戻り、選択した案件名と顧客名が表示さ れます。
■ 顧客を選択する
営業支援画面すべてに共通の操作です。
ここでは、報告書画面で選択する場合を例に説明します。
1
報告書画面で、「顧客を選択する」ボタンを クリックします。
顧客検索画面が表示されます。
2
検索条件を指定し、「検索」ボタンをクリッ クします。
※ 検索方法について→「顧客管理情報を検索する」
※ 入力制限について→「顧客管理(顧客検索)」
顧客検索結果画面が表示されます。
3
内容を確認する顧客名または事業所名をク リックします。
前のページを表示します。
次のページを表示します。
数字
該当のページを表示します。
顧客登録
顧客情報を登録できます。

※ 顧客情報の登録→「顧客情報を登録する」

事業所登録
事業所情報を登録できます。

※ 事業所情報の登録→「事業所情報を登録する」

担当者を設定する
顧客名の左側のラジオボタンをクリックして顧客を選択し、「担当者を設定する」ボタンをクリックすると、担当者一覧画面で担当者情報を登録できます。

※ 担当者情報の登録→「担当者情報を登録する」

顧客参照画面が表示されます。
この画面で顧客を選択することもできます。顧客名 の左側のラジオボタンをクリックして選択し、「選 択」ボタンをクリックしてください。選択後は、報 告書画面に戻ります。顧客には、選択した顧客名が 表示されます。
一覧を並び替えるには
顧客名順(昇順)に表示された一覧を、他の表示 項目をクリックして並び替えることができます。
事業所名
昇順に並び替えます。
もう一度クリックすると、逆順になります。
4
「選択」ボタンをクリックします。
変更
顧客情報を変更できます。

※ 顧客情報の変更→「顧客情報を変更する」

報告書画面に戻り、選択した顧客名が表示されます。
■ 同行者に担当を追加する
1
報告書画面で、「同行者に担当を追加」ボタ ンをクリックします。
同行者
「同行者に担当者を追加」ボタンを使わず、同行者名を直接入力することもできます。
※ 入力制限について→「日報管理」
同行者選択画面が表示されます。
追加した同行者の変更や削除は、報告書画面の同行 者欄で直接編集して行います。
2
「ユーザー一覧」から追加するユーザーを選 択し、「追加」ボタンをクリックします。
全選択
表示されているユーザーをすべて選択します。
解除
選択をすべて解除します。
ユーザーをグループで絞り込む
「ユーザー一覧」下のプルダウンメニューでグループ 名を選択すると、選択したグループに所属するユー ザーのみが表示されます。
3
選択を取り消す場合は、「同行者」から削除 するユーザーを選択し、「削除」ボタンをク リックします。
全選択
表示されているユーザーをすべて選択します。
解除
選択をすべて解除します。
4
ユーザーをすべて選択し終わったら、「追加」 ボタンをクリックします。
報告書画面に戻り、選択したユーザー名が表示されま す。
■ ファイルの選択方法
営業支援画面すべてに共通の操作です。
ここでは、報告書画面で選択する場合を例に説明します。
1
報告書画面で、「ファイルを選択する」ボタ ンをクリックします。
2
ファイル名を直接入力するか、「参照」ボタ ンをクリックして添付するファイルを選択 します。
※ 入力制限について→「日報管理」
「ファイル名」に、選択したファイル名が表示されま す。
3
さらに選択する場合は、2の手順を繰り返し ます。
4
添付するファイルをすべて選択し終わった ら、「戻る」ボタンをクリックします。
報告書画面に戻り、選択したファイル数が表示されま す。
報告書を変更する
1
報告書画面で、変更する報告書を表示し、時 間帯をクリックします。
※ 報告書画面の表示方法→「報告書を登録する」
前日の報告書を表示します。
翌日の報告書を表示します。
2
「OK」ボタンをクリックします。
該当の報告書が表示されます。
管理者が該当の報告書書式を削除した場合、以前の 書式で登録された報告書は変更できません。
以下のような警告が表示されますので、利用可能な 報告書を新規に登録してください。

※ 新規登録→「報告書を登録する」

3
必要事項を入力し、「変更」ボタンをクリッ クします。
※ 報告書の項目は、管理者が任意に設定します。システムが あらかじめ用意した項目の入力内容は、次の通りです。
活動日
活動日を選択します。カレンダーアイコンをクリックして年月日を指定することもできます。詳しくは、「カレンダーアイコンで年月日を指定する」をご覧ください。
案件
「案件を選択する」ボタンをクリックして案件を選択します。「クリア」ボタンをクリックすると、案件の選択を取り消せます。
案件の指定については、「案件を選択する」をご覧ください。
顧客
「顧客を選択する」ボタンをクリックして顧客を選択します。「クリア」ボタンをクリックすると、顧客の選択を取り消せます。
顧客の指定については、「顧客を選択する」をご覧ください。
同行者
同行者を入力します。「同行者に担当を追加」ボタンをクリックしてユーザー一覧から同行者を選択することもできます。
同行者の指定については、「同行者に担当を追加する」をご覧ください。
添付ファイル
「ファイルを選択する」ボタンをクリックして添付するファイルを選択します。
ファイルの指定については、「ファイルの選択方法」をご覧ください。
添付ファイルを削除する場合は、「ファイルを選択する」ボタンをクリックして添付ファイルを削除対象に指定します。詳しくは、「添付ファイルを削除対象に指定するには」をご覧ください。
※ 入力必須項目には「*」のマークが項目の右側に表示され ます。入力必須項目に内容が入力されていないと、変更で きません。
変更できない
管理者が報告書の登録・変更・削除期限を設定して いる場合

・ 設定期限よりも過去の日付の報告書は、変更できません。

・ 活動日に、設定期限よりも過去の日付を指定することはできません。

日報送信済みの報告書を変更した場合、日報未送信 の状態に戻ります。日報を作成する際は対象となり、 変更した内容が送信されます。

※ 日報について→「日報を送信する」

正常に変更されると、次手順のような画面が表示され ます。
4
「OK」ボタンをクリックします。
変更が反映されます。
5
さらに変更する場合は、1〜4の手順を繰り 返します。
■ 添付ファイルを削除対象に指定するには

添付ファイルを指定する画面で、削除対象に指定したいファイルの「削除する」を選択します。削除対象の添付ファイルをすべて選択し終わったら、「戻る」ボタンをクリックします。

指定したファイルは報告書内容の変更処理が行われる際に削除されます。