変更履歴の管理

変更履歴の確認、過去のファイルの復活・削除などが行えます。変更履歴を利用できるかどうかは、管理者によって設定されています。

履歴管理を設定する
履歴管理を行うかどうかは、キャビネットにデータを登録する際に設定します。
ファイルを一括アップロードする場合
ファイルを一括アップロードする場合、履歴管理を行うかどうかは管理者によって設定されています。
1
ファイルの登録画面で、変更履歴の設定を選 択し、「登録」ボタンをクリックします。
※ ファイルの登録画面の表示方法→「データを登録する」
変更履歴
履歴を管理するかどうかを選択します。
※ 管理者の設定によって、機能が制限される場合がありま す。詳しくは、「その他の利用制限」をご覧ください。
変更履歴を確認する
変更履歴は、ファイルの参照画面で確認できます。
変更履歴の確認は、登録者本人、登録権または参照権のある人、管理者のみ行えます。
1
データ一覧を表示し、変更履歴を確認する データの件名をクリックします。
※ データ一覧の表示方法→「データを登録する」
ファイルの参照画面が表示されます。
2
「変更履歴」をクリックします。
管理者がダウンロードログを非表示に設定している 場合は、この画面に変更履歴が表示されています。 手順2の操作は不要です。
3
変更履歴を確認します。
※ 「ダウンロードログ」をクリックすると、ダウンロードロ グが表示されます(手順2の画面)。
変更履歴の表示
・ 該当ファイルの登録、変更、過去ファイルの復活・ 削除の操作履歴が表示されます。
・ 登録者本人、登録権のある人、管理者のみ、「編集 を開始する」ボタンが表示されます。
・ 登録者本人、登録権のある人、管理者のみ、過去 ファイルの復活が可能な「復活」ボタンが表示さ れます。
・ 登録者本人と管理者のみ、過去ファイルの削除が 可能な「削除」ボタンが表示されます。
削除された過去ファイルの表示
次のように、ファイル名が取り消し線付きで表示さ れます。
過去のファイルを復活する
ファイルの変更画面で変更したファイルを、以前のファイルに戻すことができます。ファイルを複数回変更していた場合、どの時点の状態にでも戻すことが可能です。
ファイルの復活は、登録者本人、登録権のある人、管理者のみ行えます。
1
復活処理を行うデータのファイルの参照画 面を表示し、変更履歴を表示します。
※ 変更履歴の表示方法→「変更履歴を確認する」
2
復活するファイル名の右側にある「復活」ボ タンをクリックします。
正常に処理されると、次手順のような画面が表示され ます。
3
「OK」ボタンをクリックします。
指定したファイルが、最新のファイルとして復活しま す。
4
「閉じる」ボタンをクリックします。
復活するのは、ファイルのみです。「件名」「説明」 「分類」の内容は、復活しません。
過去のファイルを削除する
履歴として保存されている過去のファイルを削除することができます。
ファイルの削除は、登録者本人と管理者のみ行えます。
いったん削除したファイルは、復活することができません。ご注意ください。
1
削除処理を行うデータのファイルの参照画 面を表示し、変更履歴を表示します。
※ 変更履歴の表示方法→「変更履歴を確認する」
2
削除するファイル名の右側にある「削除」ボ タンをクリックします。
確認画面が表示されます。
3
削除してよければ「OK」ボタンをクリック します。
正常に処理されると、次手順のような画面が表示され ます。
4
「閉じる」ボタンをクリックします。